鍼灸 施術内容

はり・きゅうの適応症、作用の仕組みをお知らせします。

体の痛みから冷え性・不眠といった体の不調、生理痛や不妊症など女性特有の悩みもご相談ください。

女性鍼灸師が施術します。

はり・きゅうの適応症

WHO(世界保健機構)において鍼灸療法の適応とされている疾患の例
  • 運動器系疾患:頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛
  • 神経系疾患:神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠
  • 消化器系疾患:胃炎、消化不良、胃酸過多、下痢、便秘
  • 婦人科系疾患:更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・不妊
  • 呼吸器系疾患:風邪および予防・気管支炎・喘息
  • 生殖・泌尿器系疾患:膀胱炎・尿道炎・性機能障害
  • 代謝内分泌系疾患

 

鍼治療について

身体の表面にある経穴(ツボ)や特定の筋肉・各部位などに対し治療を施し、症状の改善に効果をあげます。

 

鍼治療は、脳下垂体や副腎皮質などに伝達され、エンドルフィンなどの鎮痛物質を分泌させて痛みを緩和させます。


治療に用いる鍼は直径約0.2mmと毛髪ほどの太さしかなく、瞬間的に皮膚を通過させてしまうので、ほとんど痛みはありません。

(一般的な採血で使われる注射針の太さは0.7mm~0.8mm程度といわれています)

 

体の痛み・痺れに効果があると言われている、鍼を打った所に低周波を流すパルス治療も実施しています

 

灸治療について

灸によって温熱刺激による血流の改善・鎮痛作用の他、

自律神経の調節作用、内分泌系への作用、免疫力を高める作用等があることが分かっています。

 

お灸と聞くと「熱い・やけどができる」といった印象がありますが、

当院では基本的に紙製の筒の上にもぐさがある台座灸を使用するため

やけどになりにくくなっています。

 

体の冷えや不調がある方はもちろん、心地よいあたたかさでリラックスしたい方にもおすすめです。


冷え性の方に好評のお腹の灸

体の芯からあたたまります

施術用の着替えも用意しているので

普段着でお越しください


衛生管理について

当院では鍼はもちろん、鍼皿(鍼を置くシャーレ)や施術に使用する鍼管はディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

また、手指の洗浄・消毒も徹底し、感染予防に努めています。